メディア話題沸騰中!!

1日たったの20分!テレビを見るだけで楽しく視力回復!「あるもの」を通して「テレビ」を見るだけで・・視力が大幅アップする!?

飽き性な僕たちでも楽しくできました!

さらに!LINE登録してくださったあなたに期間限定の無料プレゼント!

特典1 視力のことに関して徳永貴久になんでも直接質問できる権利! 特典2 視力が低下しない生活習慣をつくる!視力低下予防チェックシート! 特典3 調理法も大公開!眼に良い食べ物リスト集!

※スマホからボタンを押すとプログラム提供専用のLINEに飛びます。
PCの方は登録後にLINE登録の方法が表示されますので、ぜひスマホから登録してみてください。

※本プログラムは、株式会社REGOLITH、株式会社かめによる共同運営を行っております。登録いただいた方には、株式会社REGOLITH、株式会社かめのメールマガジンにも登録されます。
送信いただいたお客様の個人情報は、両社で責任をもって管理させていただきます。
また、登録頂いたメールアドレスはお客様のご希望時に、いつでも解除することができます。両社の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、ページの下部をご覧ください。

あなたのお子様はこんなことで悩んでいませんか?

はじめまして、徳永貴久(とくながたかひさ)と申します。

累計650万部のベストセラー「マジカル・アイ」の監修をしており、もしかしたらあなたは私のことをご存じかも知れません。
これまで20年以上にわたり、視力回復の研究に携わり、1万人以上の方の視力を回復させてきました。

もし、あなたのお子様が

上記のどれか1つでも当てはまるのなら、
これから私がお届けする内容は、あなたのお子様の生活の悩みを大いに解消してくれるものとなるでしょう。

【注意】
視力が悪いと日常生活に様々な支障を
きたすだけでなく、最悪の場合、
命の危機に関わることもあります。

あなたのお子様の視力が悪い状態で放置してしまうと、
遠くのものが見えないだけではなく、視界、視野も狭くなります。
それによって、黒板の文字が見えづらいなどで学習に支障をきたしてしまったり、
遠くのものが見えないことで生活の中で不便を感じることがあるだけではなく、
スポーツでの怪我や自転車などでの移動の際、交通事故の危険性も高まります。

また、一般的には子どもの近視は大人の近視と比べて進行がとても早いです。
しかし、近視は風邪やケガのような症状がないため、
視力低下を認識することはかなり難しく、気づいたら悪化をして
もう手遅れになってしまわれる方が非常に多いのも現実です。

『気づいたらすごく視力が落ちていた』

といったケースは決して珍しくありません。

また、近視がどんどん進むと強度近視による合併症も懸念されます。
合併症の代表例として、網膜剥離(視野の一部が欠ける)があり、放置すると
失明の危険性もあります。

「そんな危険な状態にならないためには、いったいどうすれば良いの?」

それは、、、

あなたがお子様の視力の低下にいち早く気付いてあげ、
視力の悪化を防ぎ、回復に努めることです。

近視が進むと失明の可能性も・・・

近視がどんどん進んでいくと、網膜や視神経に負担がかかり、
網膜剥離、緑内障などの失明につながるリスクがあります。
近視が急速に進んでいくケースはあなたの周りにたくさん潜んでいます。

ほとんどの方が良かれと思ってやっていることなのですが、実は、、、
視力が落ちているときにやってはいけないこと
として知らず知らずやってしまっているのです。

❶ 安易にメガネやコンタクトレンズに頼る

あなたも含めて多くの人はこう思っていませんか?

「眼が悪くなったらメガネやコンタクトレンズを作るのは当たり前」

このような当たり前のことは、「視力を回復する」という点では妨げになることがあります。

一般的にメガネやコンタクトレンズを作るとき、かなり遠いものを見えるように矯正します。

しかし、
それが逆に距離が近い物を見るときに眼に負担をかけることが多くなり、
近視が進んでいく原因にもなりえます。

❷ 巷にある視力回復グッズに手を出す

あなたはお子様の視力アップのために以下のことを試されたかもしれません。

  • ブルーベリーもしくはブルーベリーのサプリメントを摂る
  • 眼科で処方された目薬を使う
  • 3Dの飛び出す絵本を見る
  • 超音波機器を使う

これらの方法で視力が上がりましたか?
おそらくあまり効果がなかったと思っているのではないでしょうか?

上記の方法は、目の疲れをとり、視力が回復することはありますが、
一時的な効果、効能でしかありません。
よって、根本的に視力を良くすることはできません。

❸レーシックやICLなどといった手術をする

レーシックやICL(コンタクトレンズのインプラント)は
日本眼科学会が定める屈折矯正手術のガイドラインより、18歳から手術可能とされています。

18歳以上の未成年のお子さんの場合も、
眼の成長期で視力が不安定で近視が進む可能性は高いとされています。

また、感染症、合併症などのリスクや、公的医療保険が適用されないため
手術料も非常に高額になります。

また、レーシックにおける手術に関しては、

一生に一度しか手術できないにも関わらず手術後に視力低下することはよくあり、
過去の例を出すと手術失敗や手術後のケアがない例もあり、
中には失明した方もいます。

このような、いわゆる「レーシック難民」と呼ばれる方がいるのも事実です。

そこで!あなたに知ってほしいのは「ノーリスクで視力を回復させる方法」

メガネやコンタクトレンズ、レーシック、ICLなどを使わずに、
1日20分の時間、大好きなテレビ番組をみればすぐに視力は回復します。

「1日20分で視力が回復する?そんなバカな。」

そう思っても仕方ないかもしれません。

視力が落ちたときの選択肢が

という方法しか思いつかないからです。

しかし、
上記の方法を実践したところで、ほとんどの人が
効果が出ないので諦めます。

なぜ、効果が出ないのか知りたい方は・・・

「視力回復の秘密」の情報を受け取ってください!

視力は必ず回復します。
年齢が低ければ低いほど視力は下がりやすいですが、
逆に言えば視力は回復しやすいです。
未成年のお子様を持つあなたには、
ドンピシャな内容となっております。

メールアドレスを登録後にお届けする動画で
「視力回復の秘密」の全貌を公開していきますので
以下のフォームからメールアドレスをご登録ください。

さらに!LINE登録してくださったあなたに期間限定の無料プレゼント!

特典1 視力のことに関して徳永貴久になんでも直接質問できる権利! 特典2 視力が低下しない生活習慣をつくる!視力低下予防チェックシート! 特典3 調理法も大公開!眼に良い食べ物リスト集!

※スマホからボタンを押すとプログラム提供専用のLINEに飛びます。
PCの方は登録後にLINE登録の方法が表示されますので、ぜひスマホから登録してみてください。

※本プログラムは、株式会社REGOLITH、株式会社かめによる共同運営を行っております。登録いただいた方には、株式会社REGOLITH、株式会社かめのメールマガジンにも登録されます。
送信いただいたお客様の個人情報は、両社で責任をもって管理させていただきます。
また、登録頂いたメールアドレスはお客様のご希望時に、いつでも解除することができます。両社の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、ページの下部をご覧ください。

お客様の声

上田はるきさん
両目の視力 0.2→0.6に回復!
上田はるき さん(小学2年生)

テレビが面白いので全然飽きません!

上田はるきさんのコメント

トレーニングを始める前は黒板の文字が見えなかったので、となりの子のノートを写していました。
でも、黒板の文字がくっきり見えてから、ノートが取りやすくなりました!
黒板の横の当番表が4mくらい離れたところから見えて、とても便利になりました!
このままトレーニングを続けていけば、1年前の時の良かった眼を取り戻せると思います!

お母様のコメント

テレビが好きなのですごく集中して取り組んでいたと思います。
テレビを見るときに「やってね~」と言えば嫌がることなくトレーニングをやってくれました。
トレーニングを始める前は、1年間で急激に視力が落ちたので、そのまま下がっていくのではないかと不安でした。
また、トレーニングをやり始める前は視力回復を期待していなくて、せめて下がらなければいいと思っていました。
ただ、本人が黒板の文字が見えたり、黒板の横の当番表の文字を遠くからでも見えるようになったと言っているので嬉しいです!
本人がトレーニングを続けられた結果だったと思います。
三好弘晃はるきさん
両目の矯正視力 0.8→2.0に回復!
三好弘晃 さん(中学1年生)

一気に結果が出るところが嬉しいです!

三好弘晃さんのコメント

毎日やっている中では良くなっていっているという実感はあまりないのですが、あるとき良くなっていることに気付きます!
特にメガネをかけているときの視力がだいぶ良くなりました。
以前よりも黒板の文字も見えるようになって、板書をノートに楽に写せるようになりました。
なので、けっこう成果は出ているかなと思います!続けていて良かったです!
トレーニングも、スキー合宿のような学校行事で家にいないときや体調が悪いとき以外は毎日やっていました!
トレーニングといっても、20分間好きなテレビを見るだけだったので楽しかったし続けていけます!

お母様のコメント

好きなテレビを見れたので本人にとって、とても良かったと思います。
ほとんどいつもテレビを見るように言ってましたが、嫌がること無くやっていたので良かったと思います。
「朝からずっとメガネをかけているものではない」という記事を読んでから、宿題をするときやスマホを見るときのような近い物を見るときはメガネを外して生活するように本人に言いました。
はじめの頃に比べてメガネを外して生活する時間が長くなったので、効果が出てるように思います!
これまでに測った中で一番視力の結果が良かったので、ビックリです!視力悪かったときにメガネの度を上げようと悩んでいたのですが、上げなくて良かったです。
上田はるきさん
両目の視力 0.1→0.4に回復!
梅村幸希 さん(中学3年生)

勉強よりは全然楽しかったのでけっこう続けることができました!

梅村幸希さんのコメント

授業中の席順が頻繁に変わるのですが、後ろにしてもらうことが多くなりました。前だと見えすぎるので、視力は上がったと思います。
テレビを見ながらトレーニングするので、けっこう楽しく続けられました!
最初に測ったときは、一番上の視力検査の“C”の部分が“大きい丸い円”にしか見えなかったので、そのときに比べればかなり見えるようになりました!
この調子で続けていけば、いずれはメガネなしの生活ができると思うので楽しみです!

お父様のコメント

トレーニング期間中に、本人から「今のメガネでは眼が見えすぎて疲れる」と言われたので、メガネの度を2段階下げました。
トレーニングに関しても自分から率先してやることが多かったのです。
視力検査やっているとき、向きを指すときの反応が早かったので、やっぱり上がっているなと感じました!
継続がやっぱり大事だと思うので、今後も続けて欲しいと思っています。視力が上がるとそれがモチベーションになるので、続けられると思います!
本人の視力が上がっているのを見てたら嬉しい気持ちになりました!
いずれは裸眼の生活ができるようになれたらと思います。
徳永 貴久 徳永 貴久

1959年に長崎県長崎市生まれで福岡大学法学部を卒業し、視力関連書籍累計650万部以上を誇る視力回復研究第一人者である。
1995年に出版された視力回復書籍が20万部のベストセラーとなり、様々な雑誌やメディアに取り上げられる。
宝島社出版にて「マジカル・アイ」シリーズの書籍監修を長年務めている。
また、長崎綜合療術院院長として日々多くの視力を落ちたお子様の視力回復のお手伝いをし、健康指導もおこなっている。

メールアドレスを登録後にお届けする動画で
「視力回復の秘密」の全貌を公開していきますので
以下のフォームからメールアドレスをご登録ください。

さらに!LINE登録してくださったあなたに期間限定の無料プレゼント!

特典1 視力のことに関して徳永貴久になんでも直接質問できる権利! 特典2 視力が低下しない生活習慣をつくる!視力低下予防チェックシート! 特典3 調理法も大公開!眼に良い食べ物リスト集!

※スマホからボタンを押すとプログラム提供専用のLINEに飛びます。
PCの方は登録後にLINE登録の方法が表示されますので、ぜひスマホから登録してみてください。

※本プログラムは、株式会社REGOLITH、株式会社かめによる共同運営を行っております。登録いただいた方には、株式会社REGOLITH、株式会社かめのメールマガジンにも登録されます。
送信いただいたお客様の個人情報は、両社で責任をもって管理させていただきます。
また、登録頂いたメールアドレスはお客様のご希望時に、いつでも解除することができます。両社の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、ページの下部をご覧ください。